手軽で便利な家庭用の脱毛器

脱毛器を使用する際の危険について

タイプ別使用上の注意


家庭用脱毛器のケノンのことをご存知でしょうか?今評判のケノンですがケノンの口コミにもあるように、ケノンは剛毛さんでも使えます。むしろレーザーの光は黒いものに反応するので、剛毛には大きく反応してくれることになります。

家庭用の脱毛器は、いつでもムダ毛を処理することができるとして、手軽で便利であるため人気があります。
ですが、脱毛器を使用する際に注意しなければならないこともいくつかあります。
ここでは、脱毛器を使うときに生じうる危険について説明します。

まず、シェーバータイプの脱毛器についてです。
毛の流れに剃って刃を当てることを推奨していますが、毛の流れに逆らってお手入れを行うと、肌が傷ついたり、赤みや肌荒れを生じさせる危険があります。

次に、レーザーやフラッシュタイプの光を用いた脱毛器についてです。
これらの光は黒い点に反応して照射されますが、ムダ毛以外に光が反応してしまう黒いほくろやシミ、あざなどがあると、それらに反応して光が照射され、その部分をやけどしてしまう危険があります。


小さな子どもに注意

また、小さな子どもが脱毛器をいたずらして目や髪の毛などに光が照射されてしまった場合、大変な危険がありますから、十分に注意してください。

まず、黒いほくろやシミなどは、あらかじめばんそうこうなどで覆っておき、脱毛のときに光が当たらないようにすることが大切です。

また、万が一光が当たってしまった場合は、その部位はやけどをしていますから、十分に冷やし、皮膚科に相談するなど、そのまま放置しておいてはいけません。

髪の毛などの黒い部分に照射されないようにすることも大切です。
万が一起こりうる危険を認識し、きちんと注意しながら使用をすることが大切です。

 

脱毛器を自宅で使う時は、メリット・デメリットを考えて使いましょう。家庭用脱毛器のメリットとしては、自宅で好きな時間や空いた時間でムダ毛の処理が出来ること。デメリットは、カートリッジの交換に費用がかかる、そのほかの付属部品が使い切りで費用がかかる・・・など。

 


もっと詳しく家庭用脱毛器の情報満載なのは 脱毛器調査隊〜ケノン、トリア、ソイエ?本当に効果があるのか徹底検証」というサイトです。